買いたいものを買うことだけでなく、そのプロセスも楽しみたい。

買いたいものがあけれど、お金がない時、私はまず考えます。どうして買いたいと思うのか、それは絶対に必要なものか、冷静な状態で考えると、意外に、買う必要のないものだという結論に落ち着くことが多くあります。しかしながら、時には、うん、買いたい、買おうということになることもあります。そしたら、それを買うにはいくら必要で、今の段階ではいくらねん出できるのか、通帳などとにらめっこして確認します。それから、足りない分をどれくらいの期間で用意するかを決め、実行に移します。

私が極めて庶民的な生活をしてるからということもありますが、基本的に絶対に買いたいと思うものは、ひどく高額なものではないことが多いです。もっと具体的に言えば、2、3か月節約しても買えないようなものを買うためにお金欲しいと思いません。それに、私は人からお金を借りることが好きではありません。ローンすら好きではないので、生涯のうちでローンを組むのは家を買う時だけ。できることなら、家も一括で購入したいと考えています。だから、買いたいものは買うけれど、人にお金を借りてまで買うことは、今後もこれからもないと思います。

私は買ったのなら使わなければ意味がないと思っています。そして、買う以上は買うまでのプロセスも楽しみたいです。買いたいからといって無理して手に入れたものは、そもそも自分に似合わないと思うのです。今の世の中、一寸先は闇です。今、豊かに暮らしているからと言って、5年後も、10年後もそうだとは限りません。確実に堅実に一番だと思うのです。

消費者金融がないと大変

私は計画的にお金を使う事が苦手で、お金がある時にはたくさん使ってしまうのです。
ですから、いつもお給料日前には、お金がピンチになっているのです。
とはいえお金がないと生活が出来ませんから、消費者金融でお金を借りて何とかお給料日まで凌いでいるのです。
昔は消費者金融でお金を借りづらかったものですが、最近では消費者金融のイメージも明るくなったので、とても利用しやすくなりました。
私のようなお金に無頓着な人間にとって、消費者金融は救世主のような存在なのです。

お金を借りない生き方と幼少時代の貸し借りの記憶

お金を借りるならトレンドキャッシング

お金を借りる理由?
それは最も普通っぽい理由として、『予定外の急な出費』ではないでしょうか。
その出費がなんなのかはさまざまだと思いますが、普段からいざという時のための余裕を持ったお金がないから、つまり『貯金がないから』と言うのもその根源であるように思えます。

僕だったら誰からお金を借りるのか?何故借りるのか?
それはズバリ『借りない!』という生き方を目指しています。
ですがそれだと話が終わってしまうので、子どもの頃の自分の親について考察したいと思います。

では、自分の親が誰から借りていたか?
それは、やはり頼み事がしやすいのでしょう、親戚の人からでした。
借りるのもですが、貸す方もあったようですが、身内ゆえの甘さやゆるさがもちろん存在し、利息なんかがないのは利点ではありますが、明確な期限もないのでのびのびな感じも否めませんでした。
それどころか貸したお金が返ってこなかった事も少なくなかったようです。
それでもローン会社に手を出さなかったのはせめてもの救いでした。

昔から叩き込まれて借金は絶対にしない家族

私の親族一同借金には無縁です。”借りを作る”ということの根本を否定した概念を叩き込まれて育った私には、キャッシングサービスが存在することすら理解が出来ません。

もちろん、必要に迫られて借金をせざるを得ない状況はあります。ローンを組んで不動産に当てる、学費に当てる、など全うな理由があれば話は又違ってきます。(お金借りたいときに助かるおススメローンを紹介します

但し、世の中には借金をする必要も無いのに気軽にする人種がいることも事実です。私の見解ではそれは是か非かといわれれば非であるし、生活する上で無駄になる借金は一切するべきでないと信じています。

それが例えキャッシングサービスや金融機関でなく個人の間柄でもなるべくは避けたい行為ではないでしょうか。

人間という生き物はお金がありすぎると人間としての機能を失うとどこかで耳にした事があります。お金をせっせと稼ぎ、倹約をし、利口な生き方をする術を身に付けていくのが人間としての意義でもあります。

なので極力出来るのであれば借りを作らない生き方をこれからも続けていくつもりです。

心のオアシスコンビニ

私はよくコンビニを利用します。週3くらいは週刊誌の立ち読み,購入をしに行きますし,ドリンクを買ったり弁当を買ったり…最近はプライベートブランドの食品も出て,頼りになる存在にますますなってきました。日常になくてはならないものだと思っています。

最近はインターネットバンキングを使い始めたので,ATMもよく使います。ネットバンクであれば,手数料無料のところが多いので,手数料を気にせず使えるのです。お金を借りることもできます。

そんな中,最近,ディスカウントストアの波に押され近所のコンビニが閉店することを知りました。100円均一のショップや業務スーパーなど,便利は便利で,確かに安いのですがやっぱりやすかろうわるかろうという気がしてしまいます。

使うならコンビニかなぁと考えていますね。やはり。今後もできればコンビニを使っていきたいと思っているので,コンビニがなくなっては困るな,と考えています。わが心のオアシスのコンビニよ,どうかなくならないでください。

究極の節約をして最終手段は…

私は恥ずかしながら主人のお給料では貯金はおろか、毎月の支払いだけで生活はカツカツ。

しかもお給料日前にはもうお財布は空っぽでお給料日までどうやって乗り切ろうかと毎月毎月頭を抱えています。

なので食事は冷蔵庫の残り物を全てかき集め、スーパーでは売れ残りの半額商品、最終手段はパンの耳を10円でパン屋さんで貰ってきてしのいでいます。

後は小麦粉でうどんやピザを作って炭酸をお腹を空かさないためと電気代節約のために早く寝る。これが私のお給料日前の生活パターンですね。

子供と主人には申し訳ないですがどれだけがんばっても毎月こんな感じなのです。

支払いがどうしてもできない場合は親に頼み込んでお金を貸してもらう事もありますが、お給料をもらうとすぐに返しに行きますがそんな自分が情けなくなる時があります。

本当は結婚してまで親に迷惑をかけるなんて嫌なんですけれどね。でもいつかこれが糧になると信じて日々頑張っています。
今月もお給料日前が恐いです。